ぽちおの情報コーナー FXについて

情報コーナー

こんにちは、ぽちおです。

FXについて簡単ではありますが解説していきます。

FXとは、簡単に説明すると為替レートが上がるか下がるかを予想し利益を狙う取引です。FXを始める為に最低限知っておきたい知識や皆さんが抱える素朴な疑問や不安を解説します!

FXとは

ある国の通貨を別の国の通貨に交換することを『外国為替(がいこくかわせ)』といいます。外国為替は、英語で『フォーリン・エクスチェンジ(Foreign Exchange)』といい、これが『フォレックス(Forex)』に短縮され、更に略されたのが『FX(エフエックス)』です。正式には『外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)』といいます。『外為(がいため)』の略称でも呼ばれています。

FXで取引されているのは、お金とお金の交換レートです。この交換レートを為替レートといいます。『日本円を1ドル○○円で米ドルに交換したい』『1ドル△△円なら、米ドルを日本円に交換してもいい』。世界中には、ある通貨を『買いたい人』や『売りたい人』が大勢いて、彼らの動向で為替レートは常に変動していきます。人気が高く欲しい人が多い場合は、為替レートは値上がりし、逆に人気が低い場合は為替レートは値下がりします。FXとは、この為替レートの変動を利用した差益を目的とした金融商品です。

外貨(例えば米ドル)を安い時に買って、高くなったら売る。するとその差額が利益になる。これがFXで利益を得る最も基本的な方法です。

『外貨を安い時に買う』とは、どういうことなのか?
海外旅行を例に考えてみましょう。例えばアメリカへ旅行へ行く場合、円を米ドルに両替する必要があります。1ドルをいくらに両替できるか、というのを『為替レート』と言いますが、この為替レートは常に変化しています。例えば両替する時の為替レートが1ドル100円だったとしましょう。その場合10万円をドルに両替すると1,000ドルになります。

この1,000ドルを手に旅行へ行きました。仮にその1,000ドルをすべて日本へ持って帰って、再び円に両替したとしましょう。帰ってきたときの為替レートが1ドル110円になっていたら1万円得することになります。

FXを始めるには資金はいくら必要?

FXを始めるには、いくら資金が必要か解説していきます。

通常の『外国為替』では、たとえば1万通貨の米ドルを買う際には全額の資金(1米ドル=100円なら100万円)を用意しなければなりません。そこで力を発揮してくれるのが、レバレッジ取引です。取引をする100万円はこの場合、総取引金額になりますので、その4%にあたる40,000円が最低限必要な投資金額になります。 この投資金額を「証拠金」または「取引証拠金」といいます。その証拠金の最大25倍まで取引する事が出来ます。

レバレッジとは

レバレッジとは「てこの原理」のことです。少ない資金を大きく動かすことが出来ます。

例えば1ドルが100円として、普通であれば500ドルを運用するには5万円が必要ですが、レバレッジ(てこの原理のこと)を使えばわずか1万円で500ドルの運用が出来ます。

1倍~約25倍の範囲でレバレッジを調整出来ますので、自分のライフスタイルに合った取引を実現することが可能です。最大25倍というのは、「必ず25倍」の意味ではありません。10倍でも5倍でも1倍でもかまいません。自分の資金の範囲にあわせて投資する事が出来ます。つまりレバレッジは、自分の資金に対してどの程度の取引を行うかによって事後的に決まってくるものとなります。

証拠金について

証拠金(保証金とも)とは『FX会社に担保として預けておくお金』のことです。 そして、この証拠金の額に応じていろんな国の通貨で、しかも預けたお金以上の運用額で売り買いが出来るというのはすでにご説明した通りです。

いくらの証拠金に対して、どのくらいの通貨が買えるのでしょうか?
そこには、次のような「証拠金規制」というルールがあります。『個人トレーダーの場合、総取引金額の4%以上の信託(証拠金を預ける)を義務づける』となっております。さて、『総取引金額の4%以上』とは具体的にいくらになるのでしょうか?

一般的にはFXで取引される単位は1 万通貨です。 1万通貨というのは米ドルで取引するなら1万米ドル、ユーロなら1万ユーロになり、NZドルなら1万NZドルということです。 これを円換算すると1 米ドルが120円の時は120万円になり、1ユーロが150円なら150万円になります。

銀行で1万ドルを外貨預金する場合、120万円の資金が必要になります。 しかし、レバレッジを使えば120万円も必要ありません。
ここで、『証拠金規制』というルールが登場します。『個人トレーダーの場合、総取引金額の4%以上の信託(証拠金を預ける)を義務づける』 ことより、120万円の取引をする場合は、その4%以上の48,000円以上の証拠金が必要になります。 つまり、48,000円で120万円の取引が出来ることからレバレッジの最大は25倍ということになります。 これは、最大の25倍まで使えば120万円の25分の1の48,000 円で取引可能ということになり、最低約48,000円で1万ドル相当の取引を行うことが出来るということです。
銀行の外貨預金と比較すると資金効率が最大約25倍となります。これは、『FXでは少額の資金で大きな取引が可能』ということが言えます。

しかし48,000円しか資金がなく、もしレートが悪い方向に進んだため、 48,000円を1円でも割り込むと証拠金規制により強制決済されてしまいます。ギリギリの予算で投資をすることは望ましくありません。 やはり、『ある程度の余裕』を持って投資することをお奨めします。

総取引金額÷口座資産=レバレッジ

口座に48,000円入れて口座資産を48,000円とします。次に1万通貨(総取引金額)のポジションを保有します。1万通貨とは120円×1万通貨=なので120万円になります。

1,200,000円÷48,000=25倍

※ポジションとは外貨の持ち高のことで、例えば米ドルを1 万通貨『買い』で持っている場合は『ドル円の買いポジションを1枚(1ロット)持っている』といいます。また買いポジションのことをロングポジションとも言いますので、『ドル円のロングポジションを1枚もっている』、またはポジションを略して『ドル円ロングを1枚持っている』ともいいます。逆に米ドルを『売り』で持っている場合は『ドル円の売りポジションを1枚持っている』または『ドル円のショートポジションを1枚持っている』や『ドル円のショートを1枚持っている』といいます。

どうやって利益を出すのか?

どうやって利益を出すのか具体的に見てみましょう。

通貨を買って利益を出す方法

10万円を「1ドル=90円」でドルに替え、1,111.11ドルの「買い」で運用を開始しました。
計算は、100,000円÷90円=1,111.11ドルになります。やがて1ドルが110円になったので、売って利益を確定することにしました。 持っていたドルを1ドル110円のレートで両替するので、計算は1,111.11ドル×110円=122,222.1円となります。 元々持っていた100,000円との差額を計算すると、12,222.1円-100,000円=22,222.1円となり、22,222.1円が利益となります。

※注意 上記の例では「1ドル=90円」が「1ドル=110円」に上昇して利益が出ていますが、逆の値動きの場合は損失が発生します。

通貨を売って利益を出す方法

今度は10万円を『1ドル=110円』でドルに替え、909.09ドルの『売り』で運用を開始しました。
計算は、100,000円÷110円=909.09ドルとなります。 やがて1ドルが90円になったので、買い戻して利益を確定することにしました。持っていたドルを1ドル90円で両替するので、計算は909.09ドル×90円=81,818.1円となります。 100,000円で売って81,818.1円で買い戻したので、その差額は、100,000円-81,818.1円=18,181.9円となり、18,181.9円が利益になります。

このようにFX取引では、レートが上がっても(円安)、下がっても(円高)、利益を得るしくみがあります。

スワップポイントで利益を出す方法

FX取引を行うと異なる2つの国の通貨の交換を行うと同時に金利の交換が行われます。 各国の金利は異なる為、その差額を調整する必要があり、その金利差調整額がスワップポイントです。 低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、スワップポイントを受け取る事が出来ます。

各国通貨の金利は、日本であれば日本銀行、アメリカであれば連邦準備制度理事会(FRB)といった中央銀行が、民間の銀行に対して「これだけの金利を払えばお金を貸し出します」と提示する短期金利の利率が『政策金利』です。FXのスワップポイントはこの政策金利に連動しています。

中央銀行は、金利を上げ下げする事で市中に流れる自国の通貨の量を調整します。好景気で物価高に進むと、金利を上げて景気の過熱感を冷まし、反対に景気が悪化したら、金利を下げてお金を借りやすくし、経済活動に刺激を与えます。

日本では日銀がゼロ金利政策を実施していますので、利子はほとんど付きません。ところが外国の通貨には高い利子をつけるところがあります。中でも高金利で有名なのが『トルコリラ』や『南アランド』や『メキシコペソ』などです。

このスワップポイントをうまく使ってコツコツと利益を出すのも、FXで利益をだすもう一つの方法です。

高金利通貨を売って、低金利通貨を買った場合はスワップポイントの支払いが生じますので、ご注意ください。

また、取引対象通貨国の金利情勢、価格動向その他様々な金融情勢によって日々変化するため、金融情勢の変化により受取額(支払額)が減少(増加)することがあるばかりでなく、受払いが逆転し、当初受取っていたスワップポイントが支払いに、支払っていたスワップポイントが受取りになる場合があります。

ロスカットとは

FX取引では、相場が予想と反対方向に動き損失額が一定の比率まで達した場合、損失が膨らまないように

意思とは関係なく、強制的に反対売買するルールがあります。 これがロスカットです。ロスカットが行われるとその時点で保有しているポジション全てが強制的に決済され、予約注文も全て取消されます。つまり資産を守るため、ある一定の損失が発生した際に、これ以上損失が拡大してしまわないよう強制的に取引を終了させるルールが「ロスカット」です。

ロスカットを回避する方法は2つあります。ひとつは、口座資産(証拠金)を増やすこと。もうひとつはロスカットが実行される前に保有しているポジションの全部または一部を決済することです。

FXは24時間取引出来る

FX(外国為替市場)は24時間(土日を除く)いつでもどこでも取引が可能な投資方法です。 これはFXの特徴のひとつになります。世界中の主要都市に外国為替市場が存在しています。 インターバンク市場は1対1の相対取引で、販売したい金融機関がいれば、時間に関わらず取引が成立するためです。 FX取引をする様々な方のライフスタイルに合わせて取引が出来ます。お仕事でとても忙しい方でも移動時間や帰宅時間などちょっとした間にでも取引が出来ます。

リスクについて

FXとは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。
レバレッジが高ければ、相場が思惑通りに進んだ場合には大きなリターンが期待できる一方、思惑と反対方向に進んだ場合には、多額の損失が出るリスクが存在します。 お取引を始められる前に、十分に仕組みやリスクをご理解し、取引を行う必要があります。
スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合もございます。また各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあります。

『ぽちおのネットビジネス調査隊!』をご覧いただき誠に有難う御座います。

世の中に出回っている副業案件やネットビジネスオファーは残念ながら稼げないものがほとんどです。
中には詐欺まがいの案件も非常に多く出回っており被害者が後を絶ちません。
むやみやたらに稼げる案件を探しても、優良案件に出遭うことは出来ません。
ただ、そんな中でも実際に稼げる副業はあります。
ネットビジネスで稼ぎたいなら
『稼げる』情報を『見抜く力』は絶対に必要です!
正しい情報さえ手に入れることが出来れば誰でもネットで収入を得ることが出来ます
焦らずにまずは正しい情報を手に入れてください。

稼げる副業が見つからない方へ

私はネットビジネスで毎月安定した収入を得ています。
実際に私が稼いでいる案件であれば、すぐにでもご紹介出来ます。
難しいものは1つもありません。ネットビジネス未経験でもすぐに始められる案件もあります。
堅実に稼げる案件で収入を積み上げていってください。
私くらいの月収であれば誰でも目指すことが可能です。
ネットビジネスで稼いでみたい方は、お気軽にメッセージしてください。
案件の相談や、ネットビジネスへの不安など、1人ひとり悩みや想いは違います。
稼げるものか?稼げないものか?
やってみないとわからないものです。
少しでも遠回りを避ける為に情報共有しコツコツと一緒に稼いでいきましょう!
それによって詐欺のような被害に合う人が、少しでも減ればと考えています。
まずは些細なことでも構いません。お気軽にご連絡ください。
ネットビジネスの知識と経験でしっかりとサポートします。

  • ネットビジネスで稼ぎたい
  • 1人で始めるのは不安
  • 苦しい生活から抜け出したい
  • 時間とお金にゆとりが欲しい
以前私もこのような想いを抱え手助けしてくれる人がいたからこそ、今の私があります。
ここまで来るまでにかなり苦労もしましたが、今は親孝行もできて自由な生活を楽しんでいます!
今後は稼げるような案件情報を発信出来たらと考えています。

タイトルとURLをコピーしました